読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たに先生のカテキョブログ

家庭教師のことがよくわかるブログ

無駄な努力

どーもこんにちは。

 

毎日楽しく生きてますタニです。

 

 

 

100日ダイエット計画も15日目に入り、

めっちゃ二郎が食べたいですが葛藤の末我慢しているそんな今日この頃です。

 

ダイエット成功したらヤサイマシマシアブラニンニク食べたいと思います。

✳︎呪文じゃないよん

 

 

 

 

 

さて今日はですね

ちょっとショッキングなタイトルで驚いた方もいるかと思いますが

【努力】ってやつについて、感じてることを書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

1、努力とは

 

なんとなく言葉の意味はわかると思いますが、

改めて努力という言葉をググってみると

 

努力(どりょく)とは、目標を実現するために、

身体を使ってつとめること       Wikipediaより

 

 

うん、あんま調べる意味なかったですね。笑

とにかく、目標に向かって頑張っている状態らしいです。

 

 

 

 

 

僕は、自分で言うのもなんですけど、

努力家なタイプです。←

 

天才肌では100%ないので、昔からコツコツ地道に時間かけて

成長するタイプでした。

 

 

 

 

 

しかし、高校生ぐらいまでかなり無駄な努力をしていたり

時間を有効に使えてなかったな〜と振り返って感じます。

 

 

 

 

無駄な努力はどうして生まれるのでしょうか?

また、それをなくすにはどうすればいいのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

2、”全速”と”全速力”のちがい

 

 

僕が尊敬してやまない武井壮さんがこんなことを言っていました。

 

 

練習は”全速力”でやればいいってもんじゃない。

 

”全速”を出すために、どんな動きをするべきなのか

どこの筋力を強化するべきなのかを分析して

最も高いパフォーマンスが出る動きをするべきなんだ。

 

力を思いっきり入れて練習したからといって、

パフォーマンスが上がるわけではない。 *1

 

f:id:taninao:20160115231355p:plain

 

 

ほうほうなるほど。

 

ただやみくもに力一杯頑張ればいいってわけではないんですね。

 

 

 

僕が思うに、日本人には

”懸命さに対する美学”

みたいな考えが強くあるような気がします。

 

 

新人で仕事がないのに、定時ピッタリで帰るのは後ろ髪引かれるから

数十分意味もなくパソコンとにらめっこして頑張ってるふりをする

 

みたいな。

 

 

 

まぁこれ2年前の僕なんですけど。 

 

 

 

 

 

 

そういった考え方があるがゆえに、

とにかく頑張っちゃって、無駄な努力が増えていくのかなぁ

なんて思います。

 

 

 

 

 

 

3、何を達成したいのかを決める

 

 

では、無駄な努力を減らすにはどうすればいいのかというと

 

考え方としてはとてもシンプルなのですが

 

 

 

 

ゴールを明確にする

 

ということです。

 

 

 

 

努力をするのは当然、何か目的があるからするのかと思うんですが

意外とこの目的やゴールというのが定まっていない人が多いんです。

 

 

 

そこがクリアになってない状態で

 

「なんの教材使って勉強しようかな〜」

「あのトレーニング方法もいいな〜」

「あ、これもいいな〜」

 

という風に、プロセスばかりに目がいってしまいます。

 

 

目的地が決まってないのに

どの交通手段で行くか考えてる状態です。

 

 

 

 

なにかを始めるときは、

プロセスは二の次で、まずはゴールを鮮明にしましょう。

 

「それを達成できたらどうなるのか」

「それを達成した自分はどうなっているのか」

 

なども考えてみて、脳内でゴールを達成してる状態のイメージも

鮮明にできるまでやったほうがいいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

4、マネをする

 

 

無駄な努力を減らすもう一つの方法もシェアします。

 

それは、

 

 

 

「その世界で結果を出している人のマネをする」

 

ということです。

 

 

 

誰でも考えつくような方法ですが、

これは意外とバカにできなくて

脳科学の世界でも「モデリング」と呼ばれている

れっきとした学習手段なんです。

 

 

結果を出している人は、

人より能力がもともと高いという側面もなくはないですが

努力の仕方やプロセスに長けている場合が非常に多いです。

 

 

 

 

 

結果を出している人を常に観察し、

プロセスだけではなく

考え方、話し方、挙動、生活習慣など

その人を完コピするつもりでモデリングすることが

最短でゴールにたどり着けるベストな方法だと思います。

 

 

モデリングできる人がいたらぜひやってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

5、まとめ

 

 

書いた後にこんなこというのもなんですが

 

心血注いでやった努力に無駄なものは何一つないと思います(おいおい)

 

 

今回の記事でお伝えしたかったのは

目的から外れた努力をすると、最短ルートで達成できなくなるよ

っていうことですので、その点だけ悪しからずm(_ _)m

 

 

 

ルートから外れることで、ゴールに向かうよりやりたいことが見つかった

っていうのもいいことだと思いますし、

そこに費やした時間は必ず自分の血肉となり、成長させてくれます。

 

なにより、目標に向かって頑張ってる人は美しいですね!

 

俺ももっとがんばろ!!

 

 

 

決意で終わる記事があってもいいでしょう。笑

*1:武井壮 シューカツの王