たに先生のカテキョブログ

家庭教師のことがよくわかるブログ

【評判】インターネット教材すららを体験したので感想や料金などをまとめてみた

f:id:taninao:20170311145935p:plain

  • 勉強が嫌い
  • 家にいるとスマホゲームやYou Tubeばかり
  • 教育費に高いお金をかけられない

そういった悩みを抱えている小・中学生や、そういったお子さんをお持ちの親御さんも多いのではないでしょうか?インターネット教材のすららをご存知でしょうか? 信じられないくらい安くて、ゲーム感覚で楽しく学べ、深い部分の理解まで促してくれる素晴らしい教材の噂を聞き、実際にやってみましたのでその感想や料金などについてまとめてみます。

 

インターネット教材のすららとは

f:id:taninao:20170311150020p:plain

“世界中の教育格差を根絶したい。教育の格差が所得の格差を生み、その所得格差が更なる教育の格差を生んでいる。この負のスパイラルを高品質な教育を安価に提供できるeラーニングで解決したい。“

そんな思いを持ち、低学力ゾーンの子どもに高品質で安価な教育を提供するため、Eラーニングサービスを提供する株式会社すららネット。

2008年の設立ながら、現在では25,000人以上の生徒がすららネットで学習し、500校以上の塾、60校以上の学校ですららネットのEラーニング「すらら」が採用されている。

という信念や歴史を持った株式会社すららネットが運営する、インターネット上で学べる学習教材のことです。

実際にやってみた

以前から興味があった教材だったのでやりたかったのですが、HPを見てみるとなんと、メールアドレスを送るだけで、一部お試しで授業を受けられるとのことだったので、早速受けてみました。捨てアドレスで大丈夫ですので皆さんも試してみるのをおすすめします。申し込みから1分くらいですぐに受けられます。

 

まずは前段階の振り返りから

僕は「一次関数」の単元を選択して体験授業を受けてみました。いきなり一次関数のお話から入るのではなく、一次関数の1つ前の段階の「比例」から入ってくれました。これだと、一次関数がわからない子でもしっかり理解が追いつくので安心です。

f:id:taninao:20170309175441p:plain

f:id:taninao:20170309175524p:plain

簡単な例題を用いて、入力式で答えを出させます。数分で比例の単元のいい振り返りになりました。

また、間違えてもとても丁寧にフォローして説明してくれるので、心が折れそうになることもないです。キャラクターがポップな感じで楽しいので、解答を間違えても解説を聞くのが楽しいです。

f:id:taninao:20170309175652p:plain

f:id:taninao:20170309175732p:plain

そして単元の本題へ

比例のおさらいが終わり、いよいよ一次関数の話へと入ります。比例の時とは違い、水槽に最初から5㎝水が入っているという例を使って説明してくれました。

f:id:taninao:20170309175935p:plain

f:id:taninao:20170310162750p:plain

f:id:taninao:20170310162823p:plain

1分、2分……と、時間が増えるごとに水槽の水も高さが増えていくので、視覚的に捉えることができて、イメージも湧きやすくてわかりやすかったです。

f:id:taninao:20170310163024p:plain

f:id:taninao:20170310163119p:plainこの例題がどうしてy=3x+5になるか、とても丁寧に説明していくれました。

根本の理解の大切さ

授業の内容と少し離れた話をしますが、一次関数はなんとなく解けるけど、「一次」とか「関数」とかってそもそもなんなのか?の根本的な部分の理解をしっかりしていない人がとても多くいることを感じています。「そんなの知らなくても問題なんて解ければいいじゃん」という方もたまにいるのですが、それは大きな間違いです。

一次的に問題が解けても、それはその問題の解法を暗記しているだけで、理解しているわけではないのです。暗記は忘れますが、理解はなかなか忘れません。暗記と理解でなにが変わってくるかというと、受験の時に使えるかどうか、応用が効くかどうかに大きく影響してきます。

定期テストで点がたまたま取れても、根本的な部分の理解がおろそかだとすぐに記憶からなくなり、受験勉強の際に改めてそこを勉強しなおす手間と労力が発生して、膨大な無駄が発生します。

また、応用問題というのはなにが応用なのかというと、他の単元と関連付けて問題を出題されるという意味で応用なのです。そのため、各単元の根本を理解していない限り、それらを関連付けて考え、答えを導くことができません。そのため、各単元の根本的理解はとても大切なのです。学校の授業や独学だと、なかなかここの根本の理解を意識して授業・勉強をすることがなかなかありません。しかし、すららは素晴らしい教育設計に基づいているため、根本理解へのアプローチがとてもしっかりしています。

一次関数の根本的理解のための解説

話を戻して、根本理解を促すための授業内容の話ですが、ここでは「関数とはなんなのか?」「一次関数の『一次』とはなんなのか?」について解説があり、とてもわかりやすい内容で、さらなる深い理解ができました。f:id:taninao:20170310155436p:plain

f:id:taninao:20170310155525p:plain

「わかる」→「できる」へ

授業を聞いただけでは、まだそれは自分自身の力になっていません。一人で0から考え、答えを出す作業までできて初めて自分の知識として脳みそに定着します。要は、授業で話を聞く(=わかる)から、自分一人で答えを出す(=できる)の流れをセットでやらなければ学習効果は低いです。

すららはその部分がしっかり考えられているため、問題をやりっぱなしにして終わりではなく、説明の後は例題をいくつか解かせる流れにしっかりなっています。f:id:taninao:20170310160119p:plain

f:id:taninao:20170310160235p:plain

f:id:taninao:20170310160315p:plain

答え合わせの後は必ず一言、解説も添えてくれるので理解がより深まります。

f:id:taninao:20170310160350p:plain

↑二次式を交えた関数で、しっかりと一次関数を理解しているかを試してきます。

f:id:taninao:20170310160418p:plain

↑イレギュラーな問題も出され、おそらくここは間違える人が増える問題だと思うので、こういった問題でより一層理解を深めさせてくれます。

f:id:taninao:20170310160823p:plain

↑最後には仕上げでまとめ問題も出題されるので、問題数もバッチリです。ここまでやれば十分脳に定着できる量だと感じました。

インターネット教材すららの料金

料金は以下の通りです。

f:id:taninao:20170310164421p:plain
公式HPより 

要素に分解して、僕の料金に関する見解をお話します。

まず入会金についてですが、塾や家庭教師の場合ですと、通常税抜で20,000~23.000円が一般的ですので、すららはその半額以下のため、圧倒的に安いと考えてもらっていいです。 

次に月謝についてですが、例えば、オーダーメイドマンツーマンの授業をしてくれる家庭教師の場合、週1回90分の授業で小学生でも20,000円〜、中学生だと24,000円〜が相場ですので、それと比べると破格の安さです。もちろんリアルで教えてもらうのとインターネット教材とでは勝手が違う部分があると思いますが、勉強系の習い事をしたことがない、もしくはやってたけど成果が出なかったという方にとってチャレンジしやすい料金設定になっています。

「塾か家庭教師も考えてるけど正直値段が…」という方は、最初から通うのではなく、まずはすららで基礎学力や勉強の楽しさを知ってから通わせる方が、学習効果的にも、トータルで見た費用的にも絶対に安く済みます。「勉強ができないからとりあえず塾・家庭教師」は、自信を持って断言しますが、絶対に意味がありません。本人自身の勉強に対する見方・向き合い方が変わらない限り成績は伸びません。そのため、現代の小・中学生に親和性の高いインターネット教材のすららがおすすめなんです。まずはこれで勉強の楽しさを知り、そこから塾や家庭教師に通わせるのが最も効率的で経済的です。

すららの費用はこれ以外に一切かかりません。これが塾や家庭教師の場合ですと、月謝以外にも管理費(もしくは年会費)や先生の交通費、テキスト代などがかかってくるので、月謝だけで見た場合安く感じても、その他諸々の目に見えづらい費用を含めると、1ヶ月あたり月謝+5,000~10,000円かかることはよくあります。しかし、すららはインターネット教材で、人手も本もかかりませんので、それ以外の料金が一切かかりません。これも料金の魅力の一つですね。

ここまでの話を一言でまとめると「とにかく安い」ということです。

 

インターネット教材すららの特徴・まとめ

すららについていろいろお話をしてきましたが、ここまでのお話をまとめてすららと他の教材との違いは

  • 教育設計がしっかりしていて、本物の学力が身につく
  • ストーリー調で進んでいくのが飽きずに楽しい
  • キャラクターや声優のレベルが高く、内容に集中できる
  • 料金がとにかく安い

といったところが大きな違いかと思います。とにかく「高品質・低価格」といった形です。

たしかに高品質・低価格ではあるのですが、全ての方に必ずマッチするというわけでは当然ありません。すららおすすめしない方は

  • 受験の追い込みのための学習に使いたい
  • すでに勉強が楽しく、学習習慣が十分に身についている

といった方です。受験の追い込みですとすららの内容は少し基礎的すぎるので、直前の追い込みには向きません。過去問演習などを多くやるべきです。また、すでに勉強習慣がある方は、今まで通り本を使って勉強し、自分の興味がある勉強をどんどん進めていった方がいいと思います。最終的に一番勉強ができるタイプになるのは、他人に頼らずに自分で自立して学習できるタイプです。教材に縛られずどんどん先に進んでいきましょう。

最後に、すららを是非とも使ってもらいたいおすすめする方は

  • 勉強が嫌い
  • パソコンやスマホが好き
  • アニメやゲームが好き
  • 学校授業の補習としての位置付けで勉強させたい
  • 勉強習慣を身につけさせたい
  • あまり高い教育費はかけられないご家庭

といった方です。この中から1~2個でも当てはまった方は、思い立ったら吉日かと思いますので、熱が冷めないうちにとりあえず体験授業だけでも受けてみることをおすすめします。みなさんが充実した学習ができますように!