読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たに先生のカテキョブログ

家庭教師のことがよくわかるブログ

武井壮さんのツイートが「深い」と話題に

f:id:taninao:20160120164918j:image

黒の短パンに白のタンクトップ
ゴリラが付いたスニーカーを履き
筋骨隆々の肉体でおなじみの武井壮さん。


僕がリスペクトしている人の1人です。


僕はTwitterをやっていて、この武井壮さんのアカウントもフォローしているのですが、
あるツイートが、たくさんの
リツイート(拡散)や、いいね(お気に入り)を呼び
「深い!」「いい考えだ!」
と話題になっています。



僕も深く共感したので、今回はそのシェアをしたいと思います。



1.武井壮とは


テレビなどのメディアで見ない日の方が少ないとは思いますが、知らない方のためにプロフィールをご紹介↓

1973年5月6日(42歳)
東京都葛飾区
国籍 日本の旗 日本
出身校 神戸学院大学中央学院大学
職業 タレント、マルチアスリート
身長 175 cm 体重 69 kg 
肩書き 百獣の王
1997年の第81回日本陸上競技選手権大会十種競技において、競技歴2年半で優勝する。
1998年から2000年までアメリカにゴルフ留学。
2001年、台湾プロ野球リーグ・中信ホエールズの冬季キャンプ特別コーチを務めた後、
2010年まで、個人トレーナーも務めていた。
2003年頃から芸能活動を始める。
2005年1月、プロ野球入りを目指し
茨城ゴールデンゴールズに投手として入団。
しかし、同年10月に「32歳で入団テストをやらせてくれる球団が無い」事に気付き、退団。
タレント活動のかたわら、陸上競技のマスターズ大会にも随時出場。
2013年には、世界マスターズ陸上の200mで22.64秒で銅メダルを獲得。
Wikipediaより


という方です。


ご覧になってわかると思いますが、色々なことをやってらして
かなりぶっ飛んでることでお馴染みです。

しかし、武井さんがすごいのはその経歴や運動能力だけでなく、
非常に頭が良く、考え方が非常に秩序立っていて、かつ、物事の本質を捉える力がすごいところです。

色々紹介したいところですが、今回はこのへんでm(__)m
詳しく知りたい方は、武井壮さんの動画や
iTunesポッドキャストで「武井壮 シューカツの王」という音声がダウンロードできますので、是非聴いてみて武井さんの考えに触れてみてください。




2.話題のツイート
f:id:taninao:20160120164742j:image


そんな武井さん、普段からSNSをよく使用し
ご自身の考えや、好きなアイドルなどについてのツイートをよくするのですが、

受験シーズンや就活間近の時期になり
未来ある若者に向けて発信した
その話題になっているツイートがこちら↓









僕これめっちゃ共感しました。


とくに、社会人経験のある方なら共感される方も多いのではないでしょうか?







3.そんなすぐ決まるわけないやん
f:id:taninao:20160120164751j:image


僕も脱サラしましたが、
1度は社会人を経験して、
3~4こ歳下の就活生を見てると
「学生生活を普通に過ごしてきていざ就活になったからって、急に一生かけてやりたいことがそんなすぐ見つかるわけないじゃん」

ってめっちゃ思います。


見つかるわけないと言ったら語弊があるかもしれませんが、
将来の志を持って学生生活を過ごさない限り、
自分が本当に何をしたいかを決めるのは
相当難しいことだと思います。



というか、
将来を選択する、経験という材料が圧倒的に足りないと思います。


材料ないのにチャーハン作れみたいな感じです。






4.利用してやれぐらいがちょうどいい
f:id:taninao:20160120164805j:image


自分の将来を占う時、
特に就活生に対して言えることがあるとするならば

最初に入社する会社は、
ステップアップとして
利用できる会社

がいいと思います。



最初に務めた会社で一生働くなんてことの方が、今の世の中珍しいです。



これから幸福だとされる働き方は、
間違いなく報酬が多いところではなく
自分が楽しいと思って働けるかどうか
が基準になってくると思います。



現に、皆さんの周囲で
自分の働き方に対する満足度を高めるために
仕事を辞めたり、変えたりする人は少なくないのではないでしょうか?





世の中の価値観が変わってきてるんです。




一昔前よりも、
多様で、流動的な働き方になるのは間違いない
というか、そうなってきています。
ユーチューバーや、ネットで稼いでいる人が脚光を浴びるのは
我々のそういった自由(そう)な働き方、生き方に、潜在的な欲求を映し出してくれてる鏡のような存在だからでしょう。







5.まとめ



人の心は常に変化します。


就活してる時は
「ここだ!!」
って思っても、いざ入ったら

「なんかちがう」
なんていうことはザラにあります。




それでも
「ここに残って学びたい」
と思うことがあるのなら最後まで残るべきですが、


「何かがおかしい」
と思いつつけているならば
違う選択肢を取っても全然いいんです。


誰だって
「おかしい状態」になりたくてなったはずじゃないと思います。
諦める力、捨てる力も大切です。


無駄なものにしがみついて
時間を浪費することが一番のリスクだと思います。


自分がどうしたいかは、自分の直感が一番よく知ってるはずだ






人生は長いようで短い。



短いようで、長い。




しばらくたって振り返った時に
当時は死ぬほど悩んだことも
案外ちっぽけな思い出になってるもんです。

悩んでるくらいなら捨てる勇気を持ちましょう。






素晴らしい選択ができる人が
1人でも増えますように!!